top of page
オーダーメイドの真実

ここでは、カーマインが Only One のオーダーメイドカーカバーである、その理由の序章をお伝えします。
その上で、一般的な車カバーの全容から、カーマインカーカバーの全容へ、問題を提起しながら進めて行きたいと思います。

まず初めに、屋外で使う車カバーの構造は昔から少しも進歩がなく、何十年も・・・大きな袋で車体を包む巾着袋のような構造のままです。
それは、カバーは車体よりも大きくなければ、車への装着ができない、その合理的な理由によるものでしょう。

しかしながら、車体よりも大きいカバー、それは車を優しく保護する上で最適な構造でしょうか、そうは思えないのです。
なぜなら装着では、カバーが車体よりも大きいと、大きなカバーを車の形に合うまでヒモやゴムで引っ張り、そしてカバーが車体から離れぬように、
ヒモやゴムでカバーを車体に強くククリ付けるため、カバーは車体の角など特定の部分に強く接して固定され、装着でボディに負担をかけます。

さらに、車に装着しても、カバーが車体よりも大きいと、カバーと車体のサイズ差が無駄な空間として表れ、
それが、ホコリの浸入、風によるカバーの・ズレ・移動・バタつき・など車のボディにストレスをかける要因となります。
むしろ、カバーのサイズが車に合っていない場合、装着でバーと車体のバランスがよくないのは当然、そう言うべきかもしれません。

まり、車体よりもサイズが大きい巾着袋タイプのカバーは、どんなに装着時の見栄えを整えても、カバー構造に根本的な問題が存在します。
そもそも、
車のカバーが巾着袋タイプであ​理由と点は、上記のカバーを車体に装着するため以外にあるのでしょうか、ないと思うのです。

ですから、私どもは思うのです、カバーが巾着袋のような構造なのに、車体への優しさやフィット性の良し悪しを語る意味があるのでしょうか?
それよりも、カバーの巾着袋のような構造を変える方が、車体を優しく保護する上で、はるかに重要で意味がある事だと思うのです。
カーマインでは、言うまでもなく巾着袋構造の問題を放置しません。


次に、屋外で使う車カバーの生地、これも裏地の加工の有無など、様々なタイプや仕様がありますが、
一般的に生地のベースは、昔から何十年も・・・生地の表面にで撥水などのコーティング加工をした、よくある銀色系統の生地のままです。
昔も今も、表地に塗料をぬって加工した生地は、手軽な汎用品として、カバーの用途では自転車から車まで幅広く利用されます。

もちろん、生地に塗料をぬって加工する方法は安価なため、汎用品の車カバーにはメリットのある生地です。
しかし、繊維技術の進化にみる生地の機
能性や性質などの観点からは、昔のままで変わらない、技術の進化に取り残された生地とも言えます。
カーマインでは、言うまでもなく優れた
技術の進化に学びます。

このような現状から、私どもは不思議に思うのです、工業製品の進化のなかで、なぜ車カバーの構造は昔のまま変わらないのか・・?
なぜ車カバーの旧態依然とした昔のままの生地や構造に、高級、高品質、オーダーメイド、などの言葉が使われるのか・・?

それでは、車カバーには進化の余地がないのでしょうか、昔ながらの仕様が最良なのでしょうか、そうは思えません。
工業技術の進化に学べば、車のために、カバーの巾着袋のような構造を全面的に見直し、最適な構造へ進化させる事ができるはずです。
同じく生地も、工業技術の進化に学べば、車のために、先端の繊維技術を活用し、優れた素材へ進化させる事ができるはずです。
そもそも、工業製
品であるカーカバーも車と同様に、高機能や高性能には優れた工業技術の進化が欠かせません。

ですから、私どもは、工業技術の進化に学び、先端の繊維技術を活用し、常に最上の進化とクオリティでカーカバーを製作します。
そして、先端技術を用いたカーカバーとは、次世代の優れた素材と構造の集合体である、次世代の革新的なカーカバーとなるため、
工業製品のメーカーとして、なぜカーマインの、生地、構造、に次世代の技術と機能を用いるのか、その理由を明確に示す義務があります。

そこで、私どもはカーマインの生地と構造の詳細を [ PRODUCTION ] のページに用意しています、下記のリンクからご確認ください。
                                       
【 生地の性能 】に関する詳細は、こちらのページへ
【 カバー構造 】に関する詳細は、こちらのページへ                                         
and
【 カバー装着 】に関する詳細は、こちらのページへ
bottom of page