カ―カバーの形状と製作
 
まず初めに、カバーで車を優しく保護するために、何よりも重要な事は、いかにカバーを車体にストレスなく優しくフィットさせるかです。
それには、カバーが車の形状に差異やズレがなく正確に合うよう、カバーに車の形とサイズを忠実に再現することが求められます。
なぜなら [ WORK1] と [ WORK7] で記述したとおり、カバー形状のラフな作りが車体へのマイナス要因となるからです。

 
ですから、カバー形状の製作は、カバーの全体像が決まり、カバーの性能に直結する、とても重要な工程となります。
その上で、私どもは Only One の方法を用いて、カバーに車の形とサイズを忠実に再現し、
カバーが車の形に差異やズレがなく優しく接し、車のボディにストレスなく優しくフィットする、理想的なカバーの形を作り出します。

 
ここでは、ポルシェを例に、一般的なカバー形状の製作方法から、私どもの製作方法へ、問題を提起しながら進めて行きたいと思います。
車カバー ボディカバー カーカバー オーダーメイドカバー
まず、ポルシェのカバーを作るには、どのような方法でカバーにポルシェの形を作り出すか、その方法によりカバーの完成度が決まります。

一般的な方法は、定規やメジャーで車の・縦・横・高さ・など車体の各部の寸法(..cm)を測り、
その車体の寸法をペンで紙に..cmと書き込み、そして図面に記した車体の寸法からカバーの形を作ります。
これは、とても能率が良いシンプルな方法ですが、私どものカバー製作では使いません。


その理由は、車の形を寸法(..cm)で表す方法では、車体の曲面形状への対応が不十分だからです。
例えば、ポルシェの写真からも、ポルシェの車体は多種多様な曲面で構成されており、
どの曲面も、3次元で複雑に角度変化する、丸みを持ち、膨らみを持ち、形状の違うボリュームを持っています。
この複雑な曲面形状は、定規やメジャーで採寸すれば、その姿形を正確に寸法(..cm)で出せるモノでしょうか、そうは思えないのです。
ですから、車を採寸して寸法からカバーを作る方法では、車体の全体像への対応が不十分なため、私どもが意図するカバーは作れません。

 
私どものカバー製作では、カバーに車の形状を忠実に再現するため、車の曲面の形に至るまで、全て正確なデータを必要とします。
 
そこで、私どもは洋服の高度な仕立て技術から多くを学び、服作りの立体裁断の技術を用いてカバーを製作します。
立体裁断とは、ビスポークやクチュールなどの特別な服を仕立てる技術で、紙を実物に直接あててカッティングする方法のため、
紙に実物のシルエットを立体で忠実に再現する事ができ、全体像の「立体の型紙」を作る事ができます。
つまり、立体裁断では平面では表しづらい、ボディの丸みや膨らみやボリューム感まで、紙に立体で作り出す事ができるのです。
そして、立体裁断で作られた「立体の型紙」をもとに、注文者のボディに合わせた服が仕立てられます。

このような理由から、私どものカバー製作は、オーダーメイドの服作りに学び、立体裁断の技術を用いた Only One の方法で行います。

その方法は、下記にて詳しく説明させて頂きます。​
車カバー ボディカバー カーカバー オーダーメイドカバー
上記にあるよう、私どもが意図する、車の形とサイズを忠実に再現したカバーを作るには、車体の曲面の形に至るまで正確なデータが必要です。
 
そこで、私どもは立体裁断の技術を用いて、紙を使い、車体の丸みや膨らみやボリューム感まで忠実に再現した「立体の型紙」を作り、
その「立体の型紙」をもとにカバーを製作することで、カバーに車の形を曲面に至るまで忠実に再現します。
 
ポルシェにおける「立体の型紙」を作る手順は、
はじめに、大きな紙をポルシェの実車の上に広げ、ハサミで平面の紙に切れ目を入れ、紙をポルシェの車体に被せます。
そして、紙を車のボディに丁寧に合わせ、紙をカッティングしながら、平面の紙を車体の立体の形に変化させて行き、
紙に、ポルシェのカーブした曲面、タイヤ回りの膨らみなど、車体の丸く膨らむ曲面の姿形を3次元で立体的に作り出します。
そして最終的に、ポルシェの実車の上に、ポルシェの形を曲面に至るまで忠実に3次元で再現した紙製のカバーを作り上げます。
つまり、ポルシェの形を忠実に再現した「紙製のカバー」=「立体の型紙」の完成です。
 
そして、カーマインカーカバーは、この「立体の型紙」とソックリに製作します。
製作工程を簡潔に示すと、「立体の型紙」を分解 → 平面の型紙にする → 型紙で生地を裁断 → 生地の縫製 → 完成、となります。
つまり、ポルシェの形を忠実に再現したカーカバーの完成です。
 
このように、私どものカバー製作では立体裁断の技術で作る「立体の型紙」をもとに、カバーに車の形とサイズを忠実に再現することで、
カーマインカーカバーは、車の形に差異やズレがなく優しく接し、車のボディにストレスなく優しくフィットする、理想的な形状を有するのです。
 
最後に、私どもにおいて、カーカバーの形状、それは最上のカーカバーを作るために必要な条件の1つです。
最上のカーカバーとは[ PRODUCTION ]で記述した、[WORK3_ カバーの構造] [WORK4_ 生地のクオリティ]、
この全ての条件が必要で、その全ての相乗効果によって成立します。ぜひ【WORK3】【WORK4】をお読み頂けたらと思います。