top of page
最上のカーカバーである条件
 
車に優しいカーカバーを選ぶとき、多くの方はカバーの [生地] に関心を持たれ、カバーの [形状] と [構造] に関心を持たれる方は少ないと思います。
もちろん、関心を持たれないのは、メーカー側がカバーの [形状] と [構造] について詳細を語らない、それが原因と言わざるを得ません。
その上で、確かにカバーの [生地] は車体を優しく保護する重要な条件の1つです。
しかし、その条件だけでは車体を最適に保護するコトはできません。
カバーで車をストレスなく優しく保護するには、カバーの「生地」と同様に、カバーの「形状」と「構造」も重要となります。
例えば、カバーの形とサイズが車体に合っていないと、カバーを車体に装着しても、車体とカバーの間に余計なシワや空間が現れ、
それが、ホコリの浸入、風によるカバーの・ズレ・移動・バタつき・など車のボディにストレスをかける要因となります。
さらに、カバーのサイズが大きいと、装着では大きなカバーを車体に密着するまでヒモやゴムで引っ張り、そしてカバーが車体から離れぬように、
ヒモやゴムを使いカバーを車体にククリ付けるため、カバーは車体の角など特定の部分に強く接して固定され、装着でもボディ面に負担をかけます。


つまり、どんなに車体に優しい「生地」を使用しても、カバーの「形状」と「構造」がラフな作りであれば、
カバーは外的要因に加え装着でも車のボディにストレスをかけるため、車体を最適に保護するコトはできません。

 
ですから、カバーで車体を最適に保護する上で何よりも重要なコトは、いかにカバーを車体にストレスなく優しくフィットさせるかです。
それには、生地に車体保護で必要な機能を全て高次元で備えた素材を使い、カバーには車の形を忠実に再現し車体に正確に装着させるコトが重要です。

つまり、カバーは【高性能な生地】【車体に忠実な形状】【車体のサイズと同じ構造】この3つの条件を同時に兼ね備える必要があるのです。
 
しかし [ WORK7] で記述したとおり、車カバーの仕様は昔から変わらず、いまも大きな袋で車体を包む “巾着袋” のような仕様のままです・・
ですから、これまでの車カバーのセオリーでは上記の3つの条件を同時に兼ね備えるコトは不可能、そう言わざるを得ません。
そこで、カーマインカーカバーは、最上のカバーに必要な3つの条件を同時に兼ね備えるため、

工業技術の進化に学び、先端の優れた繊維技術を活用し【 生地 】【 形状 】【 構造 】この3つのコトに独自のアプローチを行い製作しています。
【 生地 】に関する詳細は、こちらのページへ
【 形状 】に関する詳細は、こちらのページへ

【 構造 】に関する詳細は、こちらのページへ
bottom of page