top of page
生地のクオリティ
 
ここでは、屋外で使用するカーカバー専用の新素材 [ TYPE_N ] についてお話したいと思います。
[ TYPE_N ] はカーマインが日本の大手繊維企業の協力のもと、先端の優れた繊維技術を用いて開発した、
屋外で使うカーカバー専用の生地でありながら、人が素肌に着られるような・柔らかく・柔軟で・伸縮する・次世代の車カバーの生地です。

 

[ TYPE_N ] の概要は、先端の繊維技術を用いた機能性素材の三層構造により、生地の全ての機能面に最上を追求した新素材となります。
つまり、生地を三層構造にすることで、カーカバーの生地に求められる各機能に、個別の優れた技術と素材を使用します。
例えば、生地の防水機能には、先端の技術を用いた高機能
素材を使うことで、生地に優れた耐水性と透湿性を両立させます。


ここからは [ TYPE_N ] の構造を詳しく説明させていただきます。

まず、三層構造の表地には、カーカバーが紫外線や雨などの外的要因よる車体へのダメージを防ぐ代わりに、カバーが受けるダメージを考え、
外的要因から内側の素材と機能を守るため、生地の防護に特化した、紫外線防止機能を有する機能性素材を使用します。

次に、三層構造の中間層には、カーカバーの・耐水性・透湿性・の機能面において、生地に最上の防水機能を持たせるため、
日本の大手繊維企業の高度な技術
で開発された、耐水性と透湿性に優れた機能性フィルムを使用します。
その理由は、先端の繊維技術に学べば、カーカバーの生地の防水機能には機能性フィルムが最も優れているとの考えからです。
 

そして、三層構造の裏地には、従来の起毛素材は使わず、次世代の優れた機能性素材を使用します。
その理由は、起毛による、微細な砂や固形物の吸着、油や汚れの絡み取り、それらの蓄積、などの問題を改善するためです。
ですから、裏地にはボディ面への優しさを追求した、人が素肌に身に
つける肌着のような柔らかく優しい質感の機能性素材を使用します。

さらに、カーマインの三層構造の生地には、ストレッチ機能を持たせています。
それは、繊維技術の進化に学べば、衣服が着用感の良さを求めてストレッチ生地を使うように、
車に着せるカーカバーにも、ボディへの優しい着用感を追求すれば、生地
の質感と共に、生地のストレッチ機能も重要であるからです。
もとより、素肌にジャストフィットで着用するウェアに学べば、生地のス
トレッチ機能ほど、ボディに優しい理想的な機能はありません。
例えば、レオタードは生地がストレッチすることで、体の立体的な形状にストレスなく優しく着用できるように、
カーカバーも生地がストレッチすること
で、レオタードと同様の作用により、車の立体的な形状にストレスなく優しく装着できます。
ですから、私どもは車体への装着感も考え、肌着のような柔らかく優しい質感の生地にストレッチ機能を持たせました。

 
このように、カーマインの生地は、最上の機能性を有する三層構造
生地にストレッチ機能を持たすことで、
2つの優れた機能が互いに作用しあい、次世代の能力で車体を理想的に保護する、次世代の革新的な生地となります。
 
さらに、上記に加えて、肌着のような優しさを追求した生地は、
その成り立ちから、衣服のように洗濯ができる利点も有しています。
私どもは、車体を優しく保護するには、肌着と同様に生地の清潔さも重要な要素だと考えます。
ですから、汚れた衣服を洗うように、洗濯でカーカバーを清潔に保つことが可能です。
 
私どもは生地の開発において、繊維技術の進化に学び、先端の繊維技術を活用し、生地に次世代の最上の機能と性質を持たせました。
その結果、カーマインカーカバーは、屋外用の生地を使いながら、特別な用途にも使用されます。
その内容は、下記にて説明させていただきます。
車カバー ボディカバー カーカバー オーダーメイドカバー
私どもは、屋外用生地の 【 TYPE_N 】を用いて、
自動車メーカーの 【レーシングカー】 【ショーカー】 【コンセプトカー】 【展示保管のヒストリックカー】 など、
特別にデリケートな車体保護が求められる車両のカーカバーを製作しています。
また【 TYPE_N 】は世界各国の自動車ショーに展示される車両の保護カバーとして使用されます。
もちろん、このような特別な車両のカーカバーであっても、
お客様にお作りする屋外用カーマインカーカバーと何ら変わる事はありません。
むしろ、カーマインの屋外用カーカバーが特別な車両にも使用される、そう言うべきかもしれません。

 
このように、カーマインの屋外用生地のクオリティ、カーマインカーカバーの車体保護のクオリティ、Only One の理由、・・・
その1つ1つは、言葉でお伝えするより、これらの実績が全てを語ると思うのです。
 
最後に、私どもにおいて、生地のクオリティ、それは最上のカーカバーを作るために必要な条件の1つです。
最上のカーカバーとは[ PRODUCTION ]で記述した、[WORK2_ カバーの形状] [WORK3_ カバーの構造]、
この全ての条件が必要で、その全ての相乗効果によって成立します。ぜひ【WORK2】【WORK3】をお読み頂けたらと思います。
bottom of page